SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
仙台市にて任意売却をするのは最善か?
11月 1st, 2015 by admin

仙台市に住宅ローンを利用して家を建てているという人は少なくないと思いますが、この住宅ローンは少額ではないので、途中何かしらの理由があって返済ができなくなるという可能性もあります。
【トピック:住宅ローン返せない人増加 家捨てても債務から解放されない – エキサイトニュース

住宅ローンの返済ができなくなるとどうなるのかと言えば、そのままにしていれば、債権者は抵当権に従って、物件を不動産競売にかけます。

住宅ローンの返済ができないのだから仕方がないと諦める人もいるかもしれませんが、ローンの返済を清算するには競売という手段だけではありません。

競売の申立てがされ、入札する前であれば、仙台市の不動産コンサルタントなどを介して債権者と交渉をし、債権者と債権者の合意のもとで、任意売却と言って不動産を競売よりも高い価格で売却することができます。

よって、より多くの借入金を返済することが可能になります。

住宅ローンが支払えずに家を売るなんて恥ずかしいことの様に感じる人もいるかもしれませんが、任意売却の場合、一般的な不動産売買と変わらない方法で販売活動がされるので、近隣の人に事情を知られる様な心配はいりません。

また、任意売却の場合、抵当権を抹消する手続をとりますが末梢費用や解除に関わる書類代、売却の際の仲介手数料などを債務者が支払う必要がなく、全て債権者から支払われることになるので、金銭的に厳しい状況であっても安心して任意売却をすることができます。

この様に任意売却は競売ではできないメリットが多くあり、住宅ローンの返済ができなくなった場合は任意売却をするというのが最善と考えられます。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa